FXブログSBトップ > 初心者の為のFX講座 FX取引での税金は?

初心者の為のFX講座


FXの課税対象

FXで利益分が出ると税金を支払わねばいけません。

これは、20万円以上の利益が出た人すべてに課せられているものです。

このFXでの儲けは「雑所得」と言う扱いを受けます。

しかし、もしあなたがご主人の扶養家族である場合、限度額が20万円以上になる場合もあります。
詳細については、最寄の納税課に問い合わせるとよいでしょう。

また、この税金は「利益分」についてのみ掛かってきます。
すなわち、FXの取引で20万円の儲けが出ても、その儲けのために30万円の経費が掛かっていれば「10万円の赤字」という事になり、利益は上がっていないことになるのです。

利益が20万円に満たない場合、また損害が出ている場合は、税金が掛かってくることはありませんし、申請の必要もありません。

FXの確定申告

投資によって得た利益は一体どうなるのでしょうか?

これはFXの投資に限らず、不動産、証券などサラリーマンの月々の給料以外の収入、つまり副収入を得た場合に疑問に思うことです。

FXで得た利益収入は、基本的に税金の対象となります。
また、その申告は毎年行う必要があります。
この申告のことを『確定申告』と呼びます。

一般の人の場合、FXなどの投資によって年間20万円以上利益を出した場合、申告の必要が出てきます(ただし、扶養家族の場合は異なる)。

自営業でない人にとって、確定申告はあまり馴染みが無いものでしょう。
しかし、FXで儲けて確定申告を行わないと、後々、追徴課税の対象になります。

確定申告は自分で出来ますが、よくわからない人は最寄の税理士に相談すると良いでしょう。

確定申告時のポイント

FXで、20万円以上利益が出ると確定申告の必要があります。
但し、この利益とは、『経費を差し引いた後の金額』のことを指しています。

「やった!20万円も今回は利益が出た!しかし、ここへたどり着くまでに何十万費やしたことか・・・」

こういう人の場合、実際には利益が出てはおらず『赤字』という事になります。

赤字の場合、確定申告をして税金を払う必要は無いことになります。

さて、ここで言う経費ですが、FXの取引に関係するものであれば認められます。

実際にFXの売買のために支払った手数料や、入出金に掛かった費用はもちろんのこと、FXのために購入したパソコン、携帯電話などの本体代のほか、インターネット接続費、電話代なども経費とみなされますし、FXに関してド素人の人などは、FXセミナーなどに参加した講習代金、通信講座、書籍、新聞なども経費とみなされます。

すべての領収書を取っておくことが、確定申告では役に立つことになります。

<<FXチャート分析 くりっく365とは?>>
外為オンライン



FXシステムトレード




FXブロードネット