FXブログSBトップ 初心者の為のFX講座 FXのリスクは?

初心者の為のFX講座


FXの取引リスク

証拠金取引で、わずかな自己資金で大きな額の外貨を購入できるのがFXの魅力です。

しかし、この取引には常にリスクがあることも覚えておかねばなりません。

たとえば、自己資金50,000円でFX外国為替証拠金取引を開始したとします。

FXでは、この50,000円を証拠金として、実際には100万円くらいの価値の外貨を購入できることがあります(会社によってはもっと高額なところもあります)。

この場合、もし購入通貨が値上がりすれば、大きな利益を得ることができます。

しかし、反対にほんの少しでも落ちれば大きな損害をこうむることになるのです。

ですから、FX取引を行う際には、利益を追うばかりではなく、いかにロスを小さくとどめるかも同時に考える必要があります。

信託保全とは?

FXはリスクがつきものの投資方法です。

ここで考えていただきたいのが、そのリスクはあなた個人のみならず、利用している会社にもあると言うことです。

よく銀行などが「経営破たん」に陥ることがありますが、FXであってもそれは同じです。

利用会社がつぶれて、自分の証拠金もなくなってしまうということはあり得るのです。
ですから、FXのために利用する会社の信用度は非常に大切になります。
この信用度は「信託保全」があるかどうかで見極めることができます。

信託保全とは、すなわちその会社が破綻したとしても、顧客の証拠金は保護されると言うものです。

大手のFX取り扱い会社の場合、大抵この信託保全が完備されているものです。
しかし、中堅の場合、そうでない場合もあります。
自分の大事な資産を守るためにも、FX仲介業者選びの際には確認しておきたいものです。

元本保証がない

FXでは元本保証がないということも覚えておかねばなりません。

つまり、FXでは証拠金として預け入れた金額すべてを失うこともあるのです。
ただ、ほとんどのFX取り扱い会社では、元手に大きな損害が出る前に「警告」を知らせる仕組みがあります。

これにより、大幅な損失、また証拠金を上回る損害などは食い止めることが出来るようにはなります。

ただし、もしこのシステムが自動的に行われてしまう会社の場合、自分ではもう少し粘ってみようと思っていたものまで決済にかけられてしまうこともあります。

大損の危機を食い止めたとは言え、儲けのチャンスも同時になくしてしまう場合もあるのです。

これらを避けるためには、事前に証拠金の額を増やすか、保持している外貨の一部のみ販売するかなどの手を打つ必要があります。

<<FXのメリットは? FX取引の基礎>>
外為オンライン



FXシステムトレード




FXブロードネット