FXブログSBトップ > 初心者の為のFX講座 くりっく365とは?

初心者の為のFX講座


くりっく365のメリット

くりっく365は取引所取引です。
それ以外のものは、非取引所取引となります。
つまり、クリック365の場合、投資家のもっとも有益になる価格が提示されることになります。

くりっく365は、FXを扱う会社であればどこでも出来るわけではありません。

金融先物取引法と取引所の基準を満たした会社にだけ、その取り扱い資格がもらえるのです。
そのため、くりっく365を扱っている会社は信用が置けるという事になるでしょう。

また、くりっく365の場合、FXでの儲けに対する税金は一律20%と決められているのも、大きな利益を期待する人には魅力です。

普通のFX会社で利益を出した場合、総合課税方式が適用されるため、700万円で30%、最高50%の税金がかけられるのです。

ところで、信頼性といえば、くりっく365の仲介業者が倒産しても、自己資産は守られることもくりっく365のメリットです。
これは、利用業者が顧客の証拠金の全額を取引所に預託するシステムがあるからです。


■低い信用リスク
くりっく365取引業者は、金融先物取引法に基づき、証拠金の全額を取引所に預託する義務があります。預託された証拠金は東京金融取引所により分別保管されるため、安全性や信頼度もかなり高いと言えます。万一、取引している業者が破綻した場合でも、取引所に預託された証拠金は全額返却されます。

■投資家に有利な取引
くりっく365では、インターバンクレートと同等の価格、狭いスプレッド幅での取引が可能です。

■スワップポイントが一本値
くりっく365取引では、金融取や取扱い業者がスワップポイントから収益を得ていないため、スワップポイントが受取り側と支払い側で同額となっています。
くりっく365では税率が一律20%。
くりっく365で発生した利益に対する税率は所得にかかわらず一律20%です。 一方、非取引所為替証拠金取引における利益に対する税率(最高税率50%)は所得に応じた累進税率です。

■有価証券先物・商品先物との損益通算が可能
くりっく365で生じた損益は、取引所で行われる日経平均先物取引、金先物取引、オプション取引などで発生した損益と損益通算した金額を課税申告することが可能です。

■損失は最大3年間繰越して控除が可能
くりっく365で生じた損失の金額のうち、その年に控除しきれない金額については、確定申告により、翌年以後3年間にわたり、申告分離課税となる先物取引に係る雑所得等の金額から繰越控除できます。

くりっく365のデメリット

FX外国為替証拠金取引の中も、もっとも安心で節税にもなるくりっく365ですが、デメリットがあることも理解しておく必要があります。
普通のFX取引ではなく、くりっく365を利用する一番のデメリットは「取り扱い通貨の種類が少ない」ことです。

もちろん、世界3大通貨である、米ドル、ユーロ、円は扱われていますし、ニュージーランドドル、オーストラリアドル、英国ポンドなどの有名な通貨のFX取引は可能です。 ですから、それほど不便は感じないかもしれません。
しかし、圧倒的に取り扱い通貨が少ないことは覚えておきましょう。

加えて、外貨同士の取引はできません。
つまり、買いポジションのユーロを米ドル購入には使用できないと言うことです。

日本円が基本で、かつ有名な通貨のみでのFXを望むのであれば、くりっく365はあなたに相応しいでしょう。

※注文の有効期限は1週間までとなっているため、週末に必ずすべての未約定注文が失効してしまいます。その為、毎週注文を入れ直さなければなりません。


■レバレッジが低い
くりっく365ではレバレッジが最大100倍程度までしか掛けられません。(取り扱い会社により異なります)そのため、取引に必要となる証拠金の金額も高くなります。

■取引できる通貨ペアが少ない
くりっく365では、世界3大通貨である、米ドル、ユーロ、円。その他ニュージーランドドル、オーストラリアドル、英国ポンドなど

■取引手数料が必要
くりっく365の参加業者は東京金融取引所へ売買手数料を支払っています。そのため、一般投資家の取引手数料にその分を上乗せされる場合が多く、くりっく365では取引手数料が無料になることは難しい状況です。

<<FX取引での税金は? FX用語一覧>>
外為オンライン



FXシステムトレード




FXブロードネット