> 初心者の為のFX講座 FXとは?

初心者の為のFX講座


FXとは?

FXとは、わかりやすく言うと、日本円とアメリカのドルを両替する時の取引の事です。
正確に言えば下記のようになります。
FXとは、Foreign Exchange(外国為替取引)の略で、「外国為替保証金取引」や「外国為替証拠金取引」ともいわれる新しい金融商品です。
1998年に「外国為替法」が改正されたことがきっかけに、ドル、ユーロ、円など、二つの国の通貨を売買することで利益をだす金融商品が誕生しました。

FX(外国為替証拠金取引)とは、簡単に言うと外貨の売買によって利益を得る投資方法です。

外貨は、テレビや新聞などで毎日その値動きが発表されているように、換算レートが一定ではなく常に変動しています。 その値動きをうまく利用して儲けるというのがFXと言うわけです。

外国為替って?

世界の国々は、日本なら円、アメリカなら米ドル、イギリスならポンド・・・というように、世界の国々は、それぞれの自国内で流通する独自の通貨を持っています。
それらの通貨を他国の異なる通貨と交換することや交換する方法を一般的に外国為替と呼んでいます。例えば、海外旅行でアメリカに行くときには、円を米ドルに交換しますが、こうした「異なる2国間の通貨を売買(取引、交換)」する行為を一般的に「外国為替取引」と呼びます。

どうして利益が出るの?

外国為替取引ではなぜ利益が出るのでしょうか?
今、1ドルが100 円だとします。
翌日、1ドルが110円になっていたとします。
1ドル=100 円で買ったあとに1ドル=110 円で売った場合に10円の差益(利益)が出ることになります。

ですが、1ドル=100 円で買ったあとに1ドル=90 円になったらどうなりますか?
「10円のマイナスになるのでは!」と考えますね。
しかし、FX取引では、この円高状態でも利益を出すことが出来るのです。

円高・円安とは?

よくニュースなどで「円安ドル高」という言葉を聞きますよね!?
先ほどの例で「1ドルが100円から110円になった」と説明しました。これはドルの価値が上がったと考えられますね。つまり「ドル高」です。逆に円の価値が下がったとも言えるので、「円安」でもあるのです。
逆に、1ドルが100円から90円になった場合、
ドルの価値が下がった「ドル安」=「円高」ということなのです。

FXで資産運用

現在、賢い資産運用方法として注目を浴びているのが「FX外国為替証拠金取引」です。

超低金利時代の今、銀行にお金を預けたとしてもその金利は微々たるものです。
そのため、今まで投資にまったく興味の無かった人も、株などに目を向けるようになりました。
そんな資産運用の一種がFXと言うわけです。

外貨は証券のように激しい変動はありませんが、常になだらかな波で上下しています。 FXは、そのタイミングを掴むことで利益を得る新しい投資方法です。
また、FXの場合、自己資金以上の外貨購入をすることが可能です。
これは、いわゆる証券の「信用取引」に当たるもので、FXでは『証拠金取引』と呼ばれています。

かつては外貨ディーラーのみに与えられたその醍醐味を、一般レベルで味わうことが出来るのがFXなのです。

FXを始めるには?>>
外為オンライン



FXシステムトレード




FXブロードネット